言語聴覚士の国家資格を取得しよう|専門学校選びが大切

ハート

STのあれこれ

言語聴覚士は国家資格です。その為基本的には文部科学大臣指定の学校を卒業しないと国家試験受験資格を得る事ができません。学校には専修学校や大学などがあり、それにより年間の学費は多少違います。平均は4年間で450万円です。

詳しく見る

勉強

養成施設別の特徴

言語聴覚士になるための学校は4年制の大学や3年生の短大、それに専門学校があります。大学や短大は専門授業以外に一般教養があったり、専門学校は実習が多いなどの特徴があるので、自分の将来を考えて学ぶ養成施設を決めるようにしてください。

詳しく見る

大学生

重要度が上昇する国家資格

言語聴覚士は欧米では高いステータスを誇っていて、国内ではまだそれほど高くありませんが、今後ステータスが高くなることが予想されています。言語聴覚士になるには大学や専門学校を出なければいけませんが、中心的役割を果たすには大学に進むことを勧めます。

詳しく見る

ウーマン

求められている職業

今、多くの人から求められている職業が言語聴覚士です。学校で言語聴覚士の資格を取得をする事で色々な場所に就職をする事ができるようになります。学校を選ぶ大きなポイントは、資格の取得率をきちんと見る事です。

詳しく見る

男女

丁寧な指導をしている

言葉のエキスパートである言語聴覚士になりたいという人がここ数年飛躍的に増えています。そんな言語聴覚士になるには学校に通い、国家資格の試験を受け合格する事が必須です。学校では合格をするために指導を丁寧に行っているので安心して通えます。

詳しく見る

医療関係の人気の職種

女性

安定した就職率

言語聴覚士は、話すこと、聞こえ、食べること、言葉の遅れなどの障害に対してサポートする人のことです。STとも呼ばれています。言葉によるコミュニケーションや食べ物の飲み込み、嚥下に問題のある人への社会復帰を支援したり、その家族を支援する仕事内容となります。言語聴覚士になるための指定の学校、養成所を卒業することで、国家試験の受験資格が得られます。言語聴覚士になるためには、国家試験に合格しなければなりませんが、近年の新卒者の合格率は80%と高く、学校でしっかりと学習していればそれほど難関ではない資格試験といえます。指定の学校では、医学的な知識以外にも心理学や認知科学、言語学や音声学、社会福祉や教育などの幅広い分野を学ぶことになります。言語聴覚士は、医療現場の中でも注目を浴びている職業です。日本では比較的新しい専門職ですが、安定した就職率で人気があります。就職先は医療機関が高い割合を占めていますが、保健・福祉機関や教育機関などの領域でも求人が増えつつあります。総合病院のほか、リハビリテーションセンターやリハビリを目的とする介護施設、特別養護老人ホーム、子どもを対象とした支援学校などです。高齢化社会の現代において、治療や支援を必要としている人に対して言語聴覚士の人数が足りていない状況なのです。今後もニーズは高まり、言語聴覚士の活躍する場はさらに広がっていくと考えられていることも人気の理由といえます。