言語聴覚士の国家資格を取得しよう|専門学校選びが大切

STのあれこれ

ハート

仕事内容や学費

コミュニケーションには発声や発語、聴覚や認知など多くの機能が必要です。しかし交通事故や生まれつきなど様々な要因で、この機能が損なわれる事もあります。言語聴覚士はコミュニケーションに支障がある方に対し、専門家としてアプローチを行います。また噛む事や飲み込む事に支障がある方にも、その人らしい人生を歩んでもらう為にアプローチします。この様に言語聴覚士は医療・福祉・教育分野など幅広く活躍しています。この言語聴覚士になる為には国家資格を取得する必要があります。さらに国家試験受験の為には文部科学大臣が指定する学校を卒業する必要があります。学校以外にも、海外で言語聴覚士に関する課程を修了し、厚生労働大臣が認める場合は国家試験受験資格が得られます。一般的には指定の学校で学ぶルートになります。言語聴覚士は医療系の資格であり、カリキュラムは国の方から定められています。一般的には3年または4年制の学校があります。大学や専修学校がありますが、その年間学費は多少違いがあります。大学では一般教養等も学び、専修学校では言語聴覚士に必要な事を専門的に学びます。その為大学の方がやや学費は高くなります。学校にもよりますが、初年度で年間120万円程必要になります。以降は年間100万円前後です。それに現場での実習もカリキュラムに含まれているので、もし実習地が遠方であったりすると、その期間のみ部屋を賃貸したりする費用も発生します。平均では4年で450万円程と言われています。