母乳不足の原因を調べる|体内の調子を整える

母乳育児に悩める母親へ

母乳に必要な栄養素

カゴに入った薬

妊娠したら葉酸を摂りましょう、という話はよく聞きます。葉酸は妊娠初期には先天異常のリスクから赤ちゃんを守り、妊婦さんにも必要な栄養素を補給します。更に、妊娠中だけでなく授乳中も葉酸は必要な栄養素と言われています。ここでは、母乳と葉酸の関係を解説していきます。まず母乳の作られ方ですが、母親の血液が材料となっています。胸の中には血液から母乳を作る、乳腺葉がたくさんあるのです。一方、葉酸はビタミンB群の仲間で、赤血球を作るために必要不可欠な栄養素です。また、医学文献でも葉酸は母乳の分泌を促進するという記述があり、母乳には葉酸が必要不可欠ということになります。葉酸は緑黄色野菜などに含まれますが、効率よく摂るのであればサプリメントが有効です。さらに授乳中に不足しがちな鉄分やカルシウムを含んだサプリメントが役に立ちます。サプリメント選びで注意したいのがやはり安全性で、添加物の有無を一つの判断基準とすると良いでしょう。

ミルク育児との併用もあり

母乳が赤ちゃんにもたらすメリットは、免疫物質が含まれることや鉄分の吸収率が早いことが挙げられます。育児には断然母乳、という認識が広まっていますが、一方で母乳不足に悩む母親も少なくありません。母乳育児という認識が強いため、かえって自分を追いつめてしまうケースもあるようです。母乳不足の原因は、母親の栄養不足や精神的なストレス、産後疲れが解消できていない等が考えられます。サプリメントで葉酸などを補うことも大切ですが、普段の食事も大変重要になります。ストレスや睡眠不足などをケアし、まずは母親の健康を大切にすることが母乳不足解消につながります。また、母乳不足のプレッシャーで悪循環に陥ってもいけないので、粉ミルクとの併用も一つの方法です。粉ミルクは母乳と違って免疫物質は含まれませんが、栄養価は安定しているというメリットがあります。育児は赤ちゃんの健康が第一ですが、母親が滅入ってしまっては元も子もありません。精神面も含めて、母親の健康を大切にしましょう。