言語聴覚士の国家資格を取得しよう|専門学校選びが大切

養成施設別の特徴

勉強

将来を考えて決める

主に病院や介護施設などで活躍している言語聴覚士になるには国家資格を取得しなければいけませんが、その受験資格を得るためには文部科学大臣が指定する学校、または都道府県知事が指定する学校を卒業しなければいけません。言語聴覚士になるための学校は主に4年制の大学、3年制の短大、それに3年または4年制の専門学校のどれからの学校に通うことになります。それぞれに特徴がありますので、言語聴覚士になってから自分の進む道を考えた上で選ぶようにしてください。言語聴覚士を専攻できる4年制の大学では、専門知識だけでなく一般教養の講義もあります。4年間の大学生活もあり、多くの知識や交流によって人生経験を積むことができるので、言語聴覚士として活躍するときも幅広い患者と付き合っていくのに役立ちます。4年制の大学を出ると病院など以外にも補聴器メーカーなどに就職する人もいます。3年制の短大でも4年制の大学と同じように一般教養も学ぶことができ、他の生徒との交流も盛んですが、1年短い分それだけ早く就職することになります。より早く現場に出て活躍したいと思う人には向いています。そして、専門学校は大学や短大よりも実践的なカリキュラムが組まれていることが多いので、資格を取って就職したときは最初から第一線で活躍できます。座学よりも実習に力を入れている専門学校も多いので、頭で考えるよりも体で実践しながら仕事を覚えたい人に向いています。